logo

日本調剤グループ

ホーム > フォーミュラリー

フォーミュラリーとは

「疾患の診断、予防、治療や健康増進に対して、医師を始めとする薬剤師・他の医療従事者による臨床的な判断を表すために必要な、継続的にアップデートされる薬のリストと関連情報」(Am J Health-Syst Pharm 2008;65:1272-83)と訳されますが、我々はわかりやすく『患者に対して最も有効で経済的な医薬品の使用方針』と表現しております。

フォーミュラリーは、2016年、2017年と連続して経済財政諮問会議でも取り上げられ、医療費削減の短~長期的に有用な手法です。

経済性に関するイメージが先行しがちですが、我々はフォーミュラリーがもつ「薬物治療の質の維持・標準化」の役割も重要と考えております。

弊社では、「薬物治療の質の担保+経済性」をもつ理想のフォーミュラリーの普及に貢献すべく、様々な活動、支援を行ってまいります。

<フォーミュラリー作成のポイント>

<評価の主なポイント>

  • 代替薬、同効薬の有無、作用機序などにより
    臨床上の必要性を検討する。
  • 「長期収載品(後発品のある先発品)から後発品
    への切替」だけでなく、有効性・安全性に遜色ない
    場合は、「別成分への切替」も考慮する。

※ 別成分への切替の一例:

成分A(後発品なし)vs. 成分B(後発品あり)

有効性・安全性: 同等

経済性    :後発品のある成分Bの方が安価

→ 成分Bをフォーミュラリー選択薬とし、成分Aは除外。

先発品であっても臨床上の必要性が高いと判断された
ものは優先度が高くなる。

<診療ガイドラインとフォーミュラリーとの関係>

@2017 Japan Medical Research Institute CO.,LTD